イタリア中部、トスカーナ州の都市。エトルリア人の町に起源し、古代ローマの植民都市が置かれた。11世紀に自治都市になり、貴金属細工で発展。14世紀にフィレンツェ共和国の支配下になった。旧市街にはサンフランチェスコ聖堂サンタマリア‐デッラ‐ピエーベ教会アレッツォ大聖堂など、中世からルネサンス期の歴史的建造物が多く残っている。トスカーナ地方の典型的な田園風景が広がり、多くの映画の舞台になった。詩人のペトラルカ、「美術家列伝」を著したジョルジョ=バザーリの生地。