• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アレホ・カルペンティエルの解説 - 小学館 大辞泉

[1904~1980]キューバの小説家・評論家。独裁政権に反対してフランスに亡命し、シュールレアリスムの影響を受けた。革命後に帰国。小説「この世の王国」「失われた足跡」、評論「キューバの音楽」など。

アレホ・カルペンティエルの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト ジャーナリスト
出生地
キューバ
生年月日
1904年12月26日 やぎ座
没年月日
1980年4月24日(享年75歳)
別表記
Alejo Carpentier y Valmont アレッホ・カルペンティエール

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉