• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《矢じりの意》

刺繍 (ししゅう) の技法の一。ひだどまりやステッチのかけ終わりの部分に補強、ほつれ止め、装飾をかねて用いられる。形が矢じりに似ていることからの名。松葉止め。
平成22年(2010)に稼働開始した東京証券取引所の株式売買システム。従来のシステムに比べて高速性・信頼性・拡張性が格段に高く、ミリ秒単位の注文受付や株価・気配情報の配信を行う。

[社会/経済]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉