• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 自体。哲学で、人間の認識から独立した事物それ自体の存在。

  1. 即自。ヘーゲル弁証法で、事物の弁証法的発展の第一段階を示す用語。発展の要素をすべて潜在的に含みながら、なお未発展の状態にとどまっている段階。→フュールジッヒアン‐ウント‐フュールジッヒ

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉