アーベルの解説 - 小学館 大辞泉

[1802~1829]ノルウェーの数学者。五次以上の一般の方程式が解けないことを証明。楕円関数を研究。代数方程式に可換群(アーベル群)を導入した。

[1875~1946]オーストリアの古生物学者。動物の器官の退行的な特殊化を研究し、また、生痕 (せいこん) から古生態復元をめざした。著「脊椎動物古生物学綱要」など。