ギリシャ北西部、イピロス地方の都市。イオアニナ湖西岸に位置する。6世紀のユスティニアヌス1世により創建。続いてノルマン人、ビザンチン帝国、オスマン帝国の支配下に置かれた。18世紀後半から19世紀にかけて、アルバニア出身のオスマン帝国の総督アリ=パシャの権勢の下、国際的商業都市として発展した。市街にはイスラム寺院やアリ=パシャが築いた要塞があるほか、近郊にペラマ洞窟ドドニ遺跡などがある。銀細工、フェタチーズが有名。ヨアニナ。ヤニナ。