• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウズベキスタン西部、ホラズム州の都市ヒバにある霊廟。イチャンカラ(内城)と呼ばれる旧市街に位置する。ブハラハン国の最後のハン、イスフェンディヤル=ハンの大臣イスラム=ホジャにより、1910年に創設。隣接する高さ45メートルの尖塔、イスラム‐ホジャ‐ミナレットは、ヒバで最も高い建物として知られる。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉