• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《元来は所有者を明示するために羊の耳につけた焼き印》

  1. 貿易や借款によって外国で取得した金を、為替決済の支払い準備などの目的で、その国の中央銀行寄託して保管しておくこと。

  1. 借入国が貸付国の中央銀行に、借入金の一部を金で引き出せるように、特別勘定を設定してもらうこと。

  1. 預金者の希望で、預金の一部を別勘定に移して、特別の取り扱いをすること。

  1. 織物の端の部分に織りこまれた、製造メーカーのマーク。