• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

オブジェクト指向プログラミング言語において、特定の機能や役割をもたせたプログラム、あるいはオブジェクトの雛形である「クラス」に対し、プログラム実行時に作成される実際の値としてのデータを指す。