• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. デューイが主張する認識論上の立場。概念や真理を独立不変のものとせず、現実的解決の道具とみなし、その真偽の規準も行動の有効性によるとする説。道具主義。概念道具説。→プラグマティズム

  1. 科学哲学で、科学理論は観察可能な現象の計算や予測に役立つ道具にすぎない、とする考え方。