• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Ārāmgāh-e Omar Khayyām》イラン北東部の古都ネイシャーブール近郊にある霊廟。四行詩集「ルバイヤート」の作者として知られる中世ペルシアの詩人ウマル=ハイヤームを祭る。ハイヤームの墓があった場所に20世紀に建造された。ハイヤームの数学や天文学の業績を紹介する博物館を併設。オマルハイヤーム廟。