• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Ulug'bek Rasadhonasi》ウズベキスタン南東部の古都サマルカンドにある遺跡。チュパンアタの丘の上に位置する。チムール帝国第4代君主で天文学者、歴史家でもあったウルグベグが天体観測を行った施設であると考えられ、現在、六分儀の地下部分と天文台の基礎が残っている。