ウズベキスタン南東部の古都サマルカンドにあるイスラム教の神学校。レギスタン広場の西側に位置する。15世紀初めに、チムール帝国第4代君主で天文学者、歴史家でもあったウルグベグにより創設。2本の尖塔をもち、正面入口のアーチの部分には青い星を描いたタイル模様が施されている。
ウズベキスタン南東部の都市ブハラの旧市街にあるイスラム教の神学校。15世紀初めに、チムール帝国第4代君主で天文学者、歴史家でもあったウルグベグにより創設。現存する中央アジア最古の神学校として知られる。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉