• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ショパンのピアノ曲集「12の練習曲(作品25)」の第1番の通称。変イ長調。名称は、曲全体で用いられる分散和音が、風で弦を鳴らすエオリアンハープという弦楽器を連想させることに由来する。また、ショパンが弟子に同曲を教える際、牧童が笛を吹くさまに例えたため、「牧童」または「牧童の笛」ともよばれる。