エキノコックス属の条虫の総称。キツネ・猫などに寄生する多包条虫、羊・牛・犬などに寄生する単包条虫がある。宿主の体内で球形中空の嚢腫 (のうしゅ) を形成し、包虫ともいう。人間が虫卵を飲み込むと肝臓などで発育して重い障害を起こす。エヒノコッカス。「エキノコックス症」

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉