• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エネルギーの需給に関する施策の基本方針などについて定めた法律。平成14年(2002)施行。政策の基本方針として、エネルギー資源の安定供給を確保するために供給源の多様化や自給率・利用効率の向上を図ること、地球温暖化の防止や環境保全が図られたエネルギーの需給を実現すること、エネルギー市場の規制緩和を推進することなどを規定している。→エネルギー基本計画

[社会/法律]カテゴリの言葉