1. 物事をなしとげる気力・活力。精力。「仕事でエネルギーを消耗する」「若いエネルギー」

  1. 物体が物理的な仕事をすることのできる能力。力学的エネルギー運動エネルギー位置エネルギー)のほか、光・電気化学原子などの各エネルギーがある。さらに相対性理論によれば、質量そのものもエネルギーの一形態である。

  1. エネルギー資源」の略。

[補説]英語ではエナジー(energy)。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース