• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Erzgebirge》ドイツ東部とチェコ北西部の国境沿いにある山地。長さ約130キロメートルにわたり東西方向に延びる。最高峰はドイツ側のフィヒテル山(1214メートル)、チェコ側のクリーノベツ山(1244メートル)。エルツはドイツ語で鉱石を意味する。中世にフライブルクで銀鉱が発見され、17世紀ごろまで多くの鉱山町が発展した。現在は観光業が盛ん。2012年に「エルツ山地鉱業地域」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。エルツ山脈。チェコ語名クルスナホリ。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉