• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エルンスト・ルビッチの解説 - 小学館 大辞泉

[1892~1947]米国の映画監督。ドイツ生まれ。洗練された喜劇作品を得意とし、後進に多大な影響を与えた。作「結婚哲学」「ニノチカ」「生きるべきか死ぬべきか」など。

エルンスト・ルビッチの解説 - SOCKETS人物データベース

映画監督 映画/TVプロデューサー
出生地
ドイツ
生年月日
1892年1月29日 みずがめ座
没年月日
1947年11月30日(享年55歳)

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉