インド西部、マハラシュトラ州の村。アウランガーバードの北西約20キロメートル、アジャンタの南西に位置する。7世紀から10世紀ごろの仏教ヒンズー教ジャイナ教の石窟 (せっくつ) 寺院が現存。また、巨大な岩塊を削り出して造ったカイラーサナータ寺院がある。窟の壁面には美しい浮き彫りが施され、仏像や神像などが残っている。1983年「エローラ石窟群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。