土星の第2衛星。1789年にF=W=ハーシェルが発見。名の由来はギリシャ神話の巨人。表面を覆う氷にひび割れ状の地形があり、その地下から氷が供給されて新たな地表となるプレートテクトニクスのような現象が見られる。水蒸気を主成分とした大気がわずかにある。直径は約500キロ(地球のおよそ0.04倍)。平均表面温度はセ氏マイナス200度。エンケラドス。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉