スイス中部、オプワルデン準州、中部アルプスの山岳地帯にある町。12世紀のベネディクト派修道院を中心に発展。標高3239メートルのティトリス山への観光拠点として知られる。