オイケンの解説 - 小学館 大辞泉

[1846~1926]ドイツの哲学者。19世紀後半の唯物論的、自然主義的風潮に反対し、精神生活の再評価を説いて新理想主義を唱えた。1908年、ノーベル文学賞受賞。著「大思想家の人生観」「精神的生活内容のための闘争」など。

出典:青空文庫