• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中央アジアのシルダリア川下流部、アリス川との合流点近くにある古代のオアシス都市の遺跡。現在のカザフスタン共和国南部の町カラタウの近郊に位置する。10世紀から15世紀頃に交易の要衝として栄えた。13世紀にチンギス=ハンの侵略を受け、15世紀にチムールが遠征の途上で没した地として知られる。オトゥラル。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉