Onezhskoe ozeroОнежское озеро》ロシア連邦北西部、カレリア共和国にある湖。北はビゴゼロ湖を通り白海と、西はラドガ湖を通りバルト海と運河で結ばれる。面積9890平方キロメートル。西岸にカレリア自治共和国の首都ペトロザボーツク、湖上にキジ島が浮かぶ。紀元前5500年ごろから描かれた岩絵が多く残り、2021年、「オネガ湖と白海の岩絵群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。