ルーマニア西部の都市。ハンガリー語名ナジバーラド。ハンガリーとの国境に近く、クリシュルレペデ川沿いに位置する。17世紀、オスマン帝国に一時支配されたが、オーストリアハンガリー帝国時代に商工業で発展。18世紀半ばには都市計画に基づいて街並みが整備され、バロック様式の宮殿や大聖堂が多数建造された。ほかに、11世紀頃の建造のオラデア要塞、20世紀初頭の黒鷲宮殿新古典主義様式の国立劇場、ハンガリーの詩人アディ=エンドレの博物館などがある。また、近郊には温泉保養地バイレフェリックスがある。