• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

バラ科の多年草。匍匐茎 (ほふくけい) で繁殖し、全体に縮れた毛が密生。葉は3枚の小葉からなり、長い柄がある。春、白い5弁花を開き、実は卵形で赤く熟し、食用。南アメリカの原産で、日本には天保年間(1830~1843)にオランダから渡来したという。

[生物/植物名]カテゴリの言葉