• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太陽から約1光年の所を球状に取り囲んでいる、小惑星や氷・ちりなどが多く存在する領域。1950年にオランダの天文学者ヤン=オールトが提唱したが、観測では実証されていない。重力散乱外惑星によってはじき出された天体が、太陽の重力圏でとどまってできたとされる。