ブラジル南東部、ミナスジェライス州の都市。州都ベロオリゾンテの南東約70キロメートル、標高1000メートルを越える山腹に位置する。金の産出地として発展。18世紀中頃に最盛期を迎えた。18世紀の建築家兼彫刻家、アレイジャディーニョが手掛けたバロック様式の教会が数多く残る。1980年、「古都オーロプレト」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。オウロプレト。オーロプレート。オーロプレット。