Kaiser-Wilhelm-Gedächtniskirche》ドイツの首都、ベルリンにあるネオロマネスク様式の教会。1888年に死去したドイツ皇帝ウィルヘルム1世の追悼のために、1891年から1895年にかけて建造。1943年のベルリン大空襲の際に破壊されたが、戦争の悲惨さを伝える記念碑として、最低限の修復を施しただけの姿で保存されている。ウィルヘルム皇帝記念教会。