スペイン北東部の都市バルセロナの中心部、アシャンプラ地区にある住宅。建築家アントニオ=ガウディが実業家ジュゼップ=バトリョの依頼により、1904年から1906年にかけて増改築を行った。曲線や曲面を多用した独特な造形で知られる。2005年、「アントニオガウディの作品群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。