トルコ中央部の山岳地帯。紀元前15~前12世紀にはヒッタイト王国の中心地。4~10世紀のキリスト教洞穴教会群が散在し、内部に多くの壁画がある。1985年、「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」という名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。カパドシア。