• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《切るの意の、(オランダ)kappenからか》江戸時代に、オランダから渡来した小形のナイフ。

「武士も具足のいらぬ御時なれば、まして色座敷へは―も出さぬがよし」〈浮・男色大鑑・八〉

[補説]「割瓜」とも書く。