Kadrioru loss》エストニアの首都タリンのカドリオルク公園にある宮殿。北方戦争でバルト海東岸を獲得したロシア皇帝ピョートル1世が妃エカチェリーナのために夏の離宮を建造。ピョートル1世が好んだ後期バロック様式(ピョートルバロック様式)の宮殿として知られる。現在はカドリオルク美術館になっており、16世紀から20世紀までのロシア・西ヨーロッパ絵画を展示している。