• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

米国ニューメキシコ州のサンフアンプエブロからメキシコの首都メキシコシティーまでを結ぶ、かつての陸上交易路。全長約2560キロメートル。スペイン語で「内陸部の王の道」を意味し、1598年から1882年まで約300年にわたって使用された。メキシコのサカテカスグアナフアトサンルイスポトシなどの鉱山で産出した銀が運ばれた。2010年、メキシコ側の交易路が世界遺産(文化遺産)に登録された。