• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《黒い病気の意》鞭毛虫 (べんもうちゅう) の一種リーシュマニア‐ドノバニの感染で起こる悪性の感染症。サシチョウバエが媒介。発熱と皮膚の黒褐色の色素沈着とが目立つため黒熱病ともいわれ、致命率が高い。流行地は中国の揚子江以北・インド・中近東・地中海沿岸・中南米。

[医学/病気]カテゴリの言葉