• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Qasr Karak》ヨルダン西部の都市カラクにある城塞跡。12世紀に十字軍が進出し、エルサレム王国の軍事拠点として建造。周囲は堅固な城壁に囲まれている。城壁内部には教会や塔のほか、マムルーク朝時代に改築されたイスラム寺院などが残っている。歴史博物館を併設。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉