• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Temple of Kalabsha》エジプト南部、ナセル湖の西岸にある神殿。古代エジプト新王国第18王朝の時代に建設され、プトレマイオス朝古代ローマ帝国時代にかけて再建された。ヌビアの豊穣の神マンドゥリス(エジプトのホルス神に相当)を祭る。もとは50キロメートルほど南に位置したが、アスワンハイダム建設に伴う水没を避けるため、現在の場所に移築された。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉