• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Caral Supe》ペルーの首都リマの北約150キロメートルにある遺跡。スーペ川中流沿いに位置する。紀元前2800年から前2500年頃のものとされる。1948年に発見、1990年代より本格的な調査が行われた。円形広場・住居・ピラミッド型神殿などの遺構が見つかり、四大文明に匹敵する南北アメリカ最古の都市遺跡とされ、2009年に「聖地カラルスーペ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。