• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 植物体が傷を受けたときに、傷口をふさぐために増殖する組織。傷ホルモンの刺激によって形成される。癒傷 (ゆしょう) 組織。仮皮。

  1. 植物の篩板 (しばん) の両側または片側に形成される物質。セルロースに似た成分からなり、孔をふさぐ。カルス板。

  1. 植物の組織の細胞を数個取り出し、培養したときにできる不定形の細胞の塊。どの組織からでも得られ、植物ホルモンを与えると芽や根を再分化させることができる。

トルコ北東部の都市。ジョージアアルメニアとの国境近くに位置する。9世紀末から10世紀にかけてバグラト朝アルメニア王国の首都として栄えた。オスマン帝国のムラト3世が16世紀末に築いた要塞がある。