• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブルガリア中部の都市。バルカン山脈南麓、カルロボ盆地のストリャマ川沿いに位置する。バラの生産が盛んで、東のカザンラク盆地と合わせてバラの谷と呼ばれる。中世に要塞が築かれ、オスマン帝国時代の16世紀から18世紀にかけて手工業で発展。19世紀後半には民族文化復興の拠点となった。革命家バシル=レフスキ、辞書編纂者イバン=ボボロフの生地。