Kalemegdan》セルビアの首都ベオグラードにある要塞を中心とする公園。サバ川とドナウ川の合流点を見下ろす丘の上という戦略上の要衝に位置する。古代ローマ人が砦を築き、東ローマ帝国、セルビア王国、オーストリアハンガリー帝国オスマン帝国などが増改築を繰り返した。古代ローマ時代の壁、中世の時計塔、オスマン朝の霊廟 (れいびょう) のほか、軍事博物館、聖ルジツァ教会、聖ペトカ教会などがある。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉