• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スリランカ北部の都市アヌラダプーラ近郊の、仏教の聖地ミヒンタレーにある仏塔。高さ約20メートル。紀元前1世紀半ばに建造、1930年代に発掘された。四方に守護の石像が置かれ、ゾウ・ウシ・ウマ・ライオンの浮き彫りが残る。カンタカチャイッティヤ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉