《ラテン語で、獣の油の蝋燭 (ろうそく) の意》国際単位系(SI)の基本単位の一で、光度の単位。1カンデラは周波数540兆ヘルツの単色放射を放出する光源の放射強度が683分の1ワット毎ステラジアンである方向における光度。1979年の国際度量衡総会で現在の定義が採用。記号cd

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉