• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Kantanagar Temple》バングラデシュ北西部の都市ディナジプールの北東郊にあるヒンズー教寺院。18世紀、同地の領主であるプラナート王とその養子ラムナート王により建立。基壇部分が約15メートル四方の三層構造になっており、外壁にはテラコッタによる精緻な装飾が施されている。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉