• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古生代カンブリア紀の初頭、約5億4千万年前から5億年前頃に、今日見られる動物のの多くが一気に出現した現象。先カンブリア時代エディアカラ動物群が衰退したのち、世界中で急激に種の多様化が進んだと考えられ、カナダのロッキー山脈で見つかったバージェス頁岩動物群が知られる。カンブリア紀の大爆発。カンブリア大爆発。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉