• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日常生活や経済活動によって生じる二酸化炭素の排出量よりも吸収量を多くすること。また、その状態。排出量と吸収量が相殺するカーボンニュートラルを、より強化した取り組みを指す。植林や森林再生のほか、工学的・人為的に二酸化炭素を回収・貯留するDACCCSなどの手法がある。→気候ポジティブ