• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Mausoleo di Galla Placidia》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナにある廟墓。古代ローマ皇帝テオドシウス1世の娘ガッラ=プラチーディアにより、5世紀半ばに建てられた。内部の半円形の壁面やボールト(曲面天井)には、羊飼いや白いハト、濃紺の背景に星をちりばめて黄金の十字架を配したモザイクがあり、初期キリスト教美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。