Pont du Gard》フランス南部の都市ニームアビニョンの間を流れる、ガルドン川に架けられた古代ローマ時代の水道橋。3層のアーチを積み重ねた構造で、高さ49メートル、全長275メートルにおよぶ。古代ローマの優れた土木技術の代表例として、1985年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ポンデュガール。