4世紀以来、遼河支流シラ‐ムレン流域にいたモンゴル系の遊牧民族。10世紀初めに耶律阿保機 (やりつあぼき) が周辺の諸民族を統合し、その子太宗のとき国号をとした。12世紀初めにに滅ぼされたが、一部は中央アジアに移動して西遼(カラキタイ)を建てた。契丹 (きったん) 。→契丹文字 (きったんもじ) 

[補説]「契丹」とも書く。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

出典:青空文庫